取扱い商品

マキベエ®(工事部門)

マキベエ®

マキベエ®

概要

「マキベエ®」は、巻付けタイプの耐火被覆材です。表面には着色不織布を施しており、耐火材には耐熱ロックウールを採用しています。また、施工方法も専用固定ピンをスタッド溶接し材料を固定する簡便な工法を開発。これにより、従来の耐火被覆材にはない安定した品質、施工性、作業環境が得られます。

マキベエ®は、スラグと天然鉱石を高温で結う溶融した溶液を遠心力で繊維化・集綿し、さらに表面に着色不織布を接着した、2層構造の材料です。繊維の製造方法自体は通常のロックウールと同様ですが、マキベエ®の基材には、ニチアスが長年にわたる研究と独自に培ってきた製造技術により作り出した「耐熱ロックウール」を使用。その高度な断熱性能がもたらす、薄さ・軽さ・柔らかさが従来の耐火被覆材を超える性能を実現し、高い評価を頂いています。
※「マキベエ」はニチアス(株)の登録商標及び製品です。

SOFT&FLEXIBLE

◎SOFT&FLEXIBLE

従来の吹付け耐火被覆材や耐火成型板では難しかった箇所にも施工可能。固定する際に鉄骨の防錆塗料の種類に左右されず、また防錆塗料への影響も極めて少ないため、様々な建設空間に対応できます。

  1. ◎CLEAN

    施工中発塵が少ないため、他作業との並行工事も可能となり、工期短縮に貢献します。また、表面に着色不織布を施しているため、施工後の発塵量も少なく、リターンダクトを採用している事務所ビル等にも適しています。

  2. ◎ECOLOGY

    薄くて軽量なので1m²あたりの製造エネルギーが抑えられます。また原料の一部に再生原料のスラグを使用しており、耐火被覆材の中では環境負荷が低い材料です。

  3. ◎QUALITY

    工場で厚みや密度を管理しているため、吹付け耐火被覆材に見られる鉄骨フランジ小口部やハイテンションボルト部の厚み不足といった施工不良が生じません。また、専用固定ピンを鉄骨に電気溶接(スタッド溶接)することで確実に取り付けられ、高い保持力を発揮します。

  4. ◎SAFETY

    専用固定ピンを電気溶接(スタッド溶接)して取り付ける工法の為、鉄骨へ確実に固定でき、材料も柔軟であることから、地震時等の震動や層間変異に起因する脱落・破損のリスクを低減できます。また、柱・はりの小部材に対しても現行の耐火構造基準を満たした認定を取得しています。

お問合せお問合せ

PAGETOP